サロンの特徴とその中で得意な技術は何ですか?

サロンとしては『外国人風』のヘアデザインを中心に提供しています。 メンズバーバー系のワイルドスタイル、西海岸系のボブやミディアムのハイライト、ニューヨーク系のガーリーなハイトーン、フレンチショートなど、スタイリスト毎に異なる強みを持ったお店であることが特徴で、『外国人風』をテーマに様々なヘアスタイルを求めるお客様のニーズに応えさせて頂いております。

その中で、私はメンズバーバースタイルやパーマスタイルを得意としており、0㎜からのフェードスタイルからソフトなツーブロック・刈り上げないスタイルまで、男の武骨さと清潔感を演出したり、 パーマスタイルでもイタリア系・フレンチ系・ラテン系などイメージに応じたカールをパーソナルと理想を踏まえて表現させていただきます。
また、レディースでは髪質改善や独自のトリートメントシステムによる質感を変えるデザインチェンジも得意なので、ケアの観点からのヘアスタイル提供にも力を入れております。ですので、カップルやご夫婦でのご来店のお客様も多く、お2人共担当させて頂くことや 私が旦那さんを、奥様はご希望のニーズに合うスタイリストが担当させていただいたりと、それぞれの理想を叶えるお手伝いをさせていただいております。


なぜトルネードで働いているのですか?

私は、ヘアデザインはもちろん、心もキレイに出来る美容師になりたい!と思ってサロンを探していました。 当時、高校と美容学校の通信科をダブルスクールで通い就職活動をしていたのですが、その中で知人の紹介で1度切りに行った時のトルネードでの接客が忘れられず、他のサロンさんにも沢山行きましたが、 その中でヘアスタイル+αで心の理解や背中を押してくれるようなアドバイス、緊張を忘れさせてくれるような接客を受けたのはここだけで、 私もその一員として、サロンでの時間を 『楽しみたいお客様』とは楽しい時間を 『癒されたいお客様』とは癒しの時間を 『知識や見識を得たいお客様』とは学びある時間を 提供出来るようになりたいと思い、今までその時の初心を忘れずサロンワークをさせていただいております。


ヘアデザインを作る上で大切にしていることはありますか?

『髪質を変えること』 『色気のあるヘアスタイルを作ること』 『再現性があること』 をヘアスタイル作りのテーマとしてやらせて頂いており、 男性はカットとパーマ・ハイライトを駆使したバーバーと美容室の中道を行き、ビジネスシーンにもプライベートシーンにも合わせられる硬すぎず柔らかすぎない色気のあるヘアデザインを。
女性は縮毛矯正では出せない柔らかさと艶感、まとまりのあるミディアム〜ロングのヘアデザインと、パーマによるくせ毛のような柔らかさと動きの共存したショートのヘアデザインを それぞれ提供させていただいております。 どちらも3つのポイントを抑えた上で、 清潔感、渋さ、綺麗さ、質感の良さ、などを演出できるよう、日々のサロンワークに励んでおります。



■お客様比率 (男性客 7:3  女性客)

サロンワーク

スタッフのサロンワークや作品や好きなテイストなどが掲載されています。



クリックすると拡大します。